ビットコイン(BTC)・イーサリアム(ETH)・イオス(EOS)・リップル(XRP)・ライトコイン(LTC):チャート分析(20日)

2019-02-20

BTC

ビットコイン(BTC)の現在の価格は3850~3950ドルの間で変動が続いているが、取引高が大幅に減少した様子は見られない。一方短期トレンドでは、価格が48時間以内に3955ドルを実質的に突破できない場合は、三尊天井(トリプルトップ)になるリスクが予測される。分界線は3850ドルであり、そこにつけると、3750ドルまでに下がる可能性もある。ただし、取引高の分析から言えば、三尊天井(トリプルトップ)になる可能性は低いので、購入を検討すべき。

ETH

イーサリアム(ETH)は、現在のところトップの主要通貨として、流動的な取引が行われているが、価格は依然として145.25ドルを着実に上回る動きを見せている。市場の変化により、141ドルに戻れば、購入を検討すべき。長期的な目標価格としては、変わらず172ドルまで上がる可能性がある。

EOS

イオス(EOS)は、3.4392ドルから始まり、3.5625ドルまでの範囲内で変動し始め、昨日のトレンド予測通りの動きを見せた。市場予測として可能性のあるトレンドは:①市場全体が上昇し続け、価格が3.56ドルを突破すると同時に、3.88ドルをつける可能性がある。②一時的に3.5625ドルを下回り、サポートレベル(指示線)の3.4392ドルまで価格が下落する可能性がある。この状況となった場合は、取引をするには良いタイミングとなる。

XRP

リップル(XRP)は、価格が0.33ドルを突破できず、現時点で0.32ドルまで戻った。現在の取引高から、買いの動きはあまり活発ではなく、市場を見ながらタイミングを待ったほうが良い。価格が0.31ドル前後まで下がった時が、取引を再開するタイミングである。

LTC

ライトコイン(LTC)は、相変わらず強気市場を示している。LFS(Lock Factor of Stock)指標は良好であり、LTCを持ち続けることを勧める。市場予測としては、まもなく50ドルを突破する可能性があると考えられる。

 

 


以上のデータ及び分析は、Stevenの提供で掲載します。無断転載は禁止、事前にBBCにご連絡ください。
本サイトに掲載された情報によりなされた判断による一切の行為で発生したいかなるトラブル・損失・損害に対して、BBCは責任を負いかねます。

この記事をシェアする:
Related Article

あわせて読みたい関連記事

COLUMNS

コラム

すべてのコラムを見る