世界ダイヤモンド取引所連盟がブロックチェーン技術導入を検討

2019-10-01

応用

世界ダイヤモンド取引所連盟(World Federation of Diamond Bourses,WFDB)はこのほど、会長会議で商品追跡可能なシステムにブロックチェーン技術の導入について検討した。

最近の詐欺事件により、銀行や金融機関はダイヤモンド業界に警戒心を抱き、業界内でより透明性を要求するようになった背景、WFDBのErnie Blom氏が「新たな技術の存在を無視することができない」「ブロックチェーンを導入することで、ダイヤモンド取引の透明性を高める目的がある」と表明した。現段階では、WFDBがブロックチェーン技術を扱う専門家と交渉し、ダイヤモンド取引の透明性を向上させる措置を講じると決定したという。

 


News from:Miningweekly

この記事をシェアする:
Related Article

あわせて読みたい関連記事

COLUMNS

コラム

すべてのコラムを見る