ウォルマートがステーブルコインの開発に参入

2019-08-05

Walmart

ステーブルコイン

米国特許商標庁(USPTO)が8月1日に公開した特許情報(番号:20190236564)により、スーパーチェーンのウォルマート(Walmart)がステーブルコインの開発を予定していることが分かった。

このステーブルコインはLibraと類似しており、米ドル連動し、独自のブロックチェーン上によって管理されることで、低コストや国境を超えた決済サービスを提供するとウォルマートが説明した。ウォルマートによると、低所得者にとって、従来の銀行のハードルが解消され、日常の消費や金融のソリューションが提供されるメリットがあるとのことだ。利用者が該当ステーブルコインを通じて資産を自由に管理し、ウォルマートのパートナー企業にも利用できるという。一方で、Libraが直面している規制問題と同様に、ウォルマートのステーブルコインの将来は明らかにされていないが、ウォルマートはブロックチェーン技術を積極的に推進し、現在はスマート家電、市場開発、供給連鎖管理(サプライチェーン・マネジメント)などの領域で応用している。

 


 

この記事をシェアする:
Related Article

あわせて読みたい関連記事

COLUMNS

コラム

すべてのコラムを見る