米SEC:IEOは連邦証券法に違反するリスクがある

2020-01-15

SEC

米国証券取引委員会(SEC)は1月14日、公式サイトを通じてIEOについての公告を発表し、IEOに参加する投資家に注意を呼びかけている。

IEOに対して、SECは高収益率の名目で投資勧誘の疑いがあると指摘し、多くのプラットフォームはSECに登録しておらず、事業を開始することが、連邦証券法に違反するリスクが存在すると警告している。

具体的には、①法的環境について、IEOは連邦証券法に規定した「証券発行」に該当する場合がある。②必要な資格について、プラットフォームは所定の機関に登録済みの取引所でなければならない。③業者の識別について、IEOを扱うプラットフォームは、SECに登録し、自主規制組織(通常はFINRA)のメンバーになることでない限り、ブローカーまたはディーラーとしての機能を認めない、という三つがある。

なお、海外のIEOへの投資については可能だが、連邦証券法に適用される場合があり、多くのリスクが潜在すると言及した。

 


 

この記事をシェアする:
Related Article

あわせて読みたい関連記事

COLUMNS

コラム

すべてのコラムを見る