第4回:MakerDAO、 Dapp.com「世界のブロックチェーン企業、1分間でわかる!」

2019-09-27

第4回

◆目次

1.MakerDAOとは?
2.MakerDAOの取り組み
3.Dapp.comとは?
4.Dapp.comの取り組み
5.UNBLOCK TOKYOでは

 

【MakerDAO とは?】

既存金融の概念を一新するDe-Fi(分散型金融)領域にて、最も注目を集めているプロジェクトの一つです。MakerDAOが発行しているステーブルコイン「DAI」を利用した、サードパーティーリスクを軽減した金融サービスが多数発表されています。

 

【MakerDAOの取り組み】

MakerDAOは、取引に関わる私利的な行動がシステムの安定に貢献するようインセンティブが設計されており、今後De-Fiサービスを検討する上で非常に参考になるプロトコルです。

【Dapp.comとは?】

Dapps(分散型アプリケーション)である、Ethereum等のブロックチェーン上に存在するゲームやソーシャルネットワーク、その他ツールのリスティングを行っているサービスです。

【Dapp.comの取り組み】

現在のDapps市場において「サービスを見つけにくい」「サービス利用開始までのにプロセスが複雑」という2つの問題解決に向けて、Dapp.comのプラットフォーム内で一括で行える技術を開発しています。Dapp.comは、Dapps市場が成長する為に、サービスを円滑提供するApple社のアプリストアのようなインフラ整備の他にも、Dapps開発者向けに各種分析が出来るマーケティングサービスの展開も予定しています。

【UNBLOCK TOKYOでは】

10/5では、MakerDAOのGustav Arentoft 氏に「オープンソースで銀行のいらない経済とは」テーマについて、またDapp.comからは藤岡紀光 氏に「Dappsの世界のトレンドをご紹介」についてのご公演をいただきます。

【Gustav Arentoft 氏について】

Gustav Arentoft

MakerDAOビジネス開発のヨーロッパ担当者。Makerはブロックチェーン金融サービスで世界のトップを邁進している。そのMakerに入る前、GustavはアルゼンチンでFinTechのコンサルタントを担当していた。ビジネス経済およびITの学士を持つ。
LinkedIn: http://linkedin.com/in/gustavarentoft
Twitter: https://twitter.com/GArentoft

 


第1回:Enterprise Ethereum Alliance
第2回:Ontology
第3回:SBI R3 Japan

第5回:Band Protocol、FinMirai、Infinity Blockchain Labo
第6回:Harmony、COINSTREET
第7回:RSK、 NEO
第8回:OmiseGO、 LEVIAS
第9回:Blockstack、Animoca Brands

 

この記事をシェアする:
Related Article

あわせて読みたい関連記事

COLUMNS

コラム

すべてのコラムを見る