第6回:Harmony、COINSTREET「世界のブロックチェーン企業、1分間でわかる!」

2019-10-01

第6回

目次
1.Harmony(ハーモニー)
国:アメリカ
WEB:https://harmony.one
2.COINSTREET(コインストリート)
地域:香港
WEB:http://coinstreet.partners/

Harmonyとは?

国:アメリカ
WEB:https://harmony.one

Harmonyは、スケーラブルで安全性の高い「100億人のためのプラットフォーム」を構築することを目的とした、ブロックチェーンプラットフォームプロジェクトです。

世界最大の仮想通貨取引所Binance(バイナンス)の独自ブロックチェーンでも採用されているコンセンサスアルゴリズムを採用しているため高度なセキュリティを保ちつつ、高速化の先進的な技術も採用することで高速なトランザクション処理を可能にしています。

【Harmonyの取り組み】

Harmony最新の技術を取り込むことにフォーカスを起き、拡張性が高くありながらプライバシーやセキュリティなども高く保つことに成功しています。そのため、Harmonyを使用することで、ゼロ知識証明やシャーディングによるスケーラブルなブロックチェーンなど、既存のブロックチェーンプラットフォームには実装されていない先進的な技術要件を満たすことができます。

【Stephen Tse 氏について】


Stephen Tse (谢镇滔 )は高校生時代からプロトコルやコンプライヤーをこよなく愛していた。ICQおよびX11のプロトコルをリバース・エンジニアリングし、OCamlで15年コーディングして過ごした。その後、ペンシルバニア大学でセキュリティー・プロトコルおよびComplier Verificationで博士号を取得。

Stephen はMicrosoft Researchの研究員、Googleのシニア・インフラマネージャー、Appleの主幹エンジニアを経験。モバイル検索のSpotsetterを創業し、Appleに買収。Band Protocol CEO 兼創業者。データキュレーション・プロトコルであるBandを通して、Soravis氏はインターネット上の全ての人へ信頼のできる情報を提供することを目標に掲げる。彼はまた、多くのブロックチェーン・プロジェクトのエンジェル投資家としても良く知られる。(Ziliqa、Icon、0xなど)

ブロックチェーン以前Soravis氏はBoston Consulting Groupのコンサルタントとして活躍。コンピューターサイエンスの学士、スタンフォード大学院ではマネージメント科学およびエンジニアリングの部門でM.Sを取得。

COINSTREETとは?

地域:香港
WEB:http://coinstreet.partners/

COINSTREETは「分散されながらも完全にされ統制された次世代の投資銀行」を構築し、トークンエコノミーの新たな時代の創出を可能にします。同社の事業はトークンに関連した金融コンサルティング、デジタルを含む資産管理、資産のトークン化および取引所プラットフォームをの3つの事業セグメントへ展開しています。

【COINSTREETの取り組み】

COINSTREETは、戦略的パートナーシップとしてSTO GLOBAL-X 社と提携しています。STO GLOBAL-X社ではコンプライアンスに完全に準拠しながら、安全な証券型のトークンを発行することが可能です。また、役員にはトークンエコノミーとして高名なIOTA財団のコミュニティマネージャーを迎えており、COINSTREETからトークン発行に関連する各分野の専門家による一連のサポートを受けることができます。

【Sam Lee 氏について】


イーサリアム中国の共同創業者でもあるSamson Lee (Sam) はCoinstreet Partnersの創業者兼CEO、DSS (NYSE: DSS)の特別顧問、STO Global-Xの共同創業者、Asia Pacific Digital Economy Instituteの共同創業者、Blockchain Applications & Investment AllianceのVP、Belt & Road TechFin Associationの創業者兼会長、Blockchain Centre Hong Kongの共同創業者、Gibraltar Blockchain Exchangeの暗号資産経済チーフアドバイザーを務め、ブロックチェーン業界で多岐にわたって活動をしている。

 


第1回:Enterprise Ethereum Alliance
第2回:Ontology
第3回:SBI R3 Japan
第4回:MakerDAO、 Dapp.com
第5回:Band Protocol、FinMirai、Infinity Blockchain Labo
第7回:RSK、 NEO
第8回:OmiseGO、 LEVIAS
第9回:Blockstack、Animoca Brands

この記事をシェアする:
Related Article

あわせて読みたい関連記事

COLUMNS

コラム

すべてのコラムを見る