テレグラムが独自のブロックチェーンプラットフォーム“T O N”と暗号通貨“G R A M”の開発計画中止を正式に発表

2020-05-14

2020年5月13日、ブロックチェーンプロジェクト“Telegram(テレグラム)”創設者兼CEOのPavel Durov (パベル・ドュロブ)氏が、2017年より開発を進めていた独自ブロックチェーンプラットフォーム“Telegram Open Network (TON)”及び独自暗号通貨”GRAM(グラム)“の開発中止を正式に発表した。

“Today is a sad day for us here at Telegram. We are announcing the discontinuation of our blockchain project. Below is a summary of what it was and why we had to abandon it.”

What Was TON And Why It Is Over

「今日は我々Telegramにとって悲しい日だ。我々のプロックチェーンプロジェクトの開発中止を発表します。こちらにTONとは何か、そしてなぜ中止となったのかをまとめました。」

 

TONプロジェクト中止の理由とは?

Pavel Durov氏によると、今回の中止は米国証券取引委員会(SEC)との裁判で受けた判決においてアメリカ国内のみならず世界中でのGRAM(グラム)の配布を禁止されたことが決定打となったようだ。

“The US court declared that Grams couldn’t be distributed not only in the United States, but globally. Why? Because, it said, a US citizen might find some way of accessing the TON platform after it launched. So, to prevent this, Grams shouldn’t be allowed to be distributed anywhere in the world – even if every other country on the planet seemed to be perfectly fine with TON.”

「米国裁判所は、Gramの米国国内のみならず世界中での配布を禁止した。なぜか?曰く、TONプラットフォーム公開後に米国民が様々な方法でアクセスする可能性があるからということだ。そして、これを防ぐために世界のどこにおいても(たとえその国においてTONが完全に良い機能を果たしたとしても)Gram(グラム)の配布は許されないと判断された。」

 

スキャム(詐欺)プロジェクトへの注意喚起

また、同氏はTelegramブランドやPavel氏の名前を載せたTONプロジェクトについて、すでに存在しているものも含め全てを信じないようにと注意喚起している。TONプロジェクトに関して、同氏含めチームのメンバーが関与しているプロジェクトは一つもないと発表した。

“I am writing this post to officially announce that Telegram’s active involvement with TON is over. You may see – or may have already seen – sites using my name or the Telegram brand or the “TON” abbreviation to promote their projects. Don’t trust them with your money or data. No present or past member of our team is involved with any of these projects. While networks based on the technology we built for TON may appear, we won’t have any affiliation with them and are unlikely to ever support them in any way. So be careful, and don’t let anyone mislead you.”

「私はここで正式にTONプロジェクト開発の終了を発表します。皆さんは、もしかすると私の名前やTelegramブランドや”TON”が載っているプロジェクトを見つける(もしくはすでに見つけている)かもしれませんが、決してそれらを信じないでください。それらのプロジェクトに所属している我々の現在のメンバーや過去のメンバーは誰一人いません。TONの構築技術に基づいたネットワークが載っている可能性もありますが、私たちは一切提携していませんので、決してそういったプロジェクトをサポートすることもありません。騙されないように十分に気をつけてください。」

 

テレグラムは、ロシアのSNS” ВКонтакте(フコンタクテ)”創設者のニコライ・ドゥロブ氏とパベル・ドゥロブ氏の兄弟が2013年ドイツのベルリンを拠点に立ち上げたインスタントメッセージサービスである。2020年現在は、アクティブユーザー数が4億人を超えている。同プロジェクトは、2017年から”Telegram Open Network(TON)”というブロックチェーンと独自暗号通貨GRAM(グラム)の開発を進め、2018年に行った2度のICO(イニシャル・コイン・オファリング)では約1,800億円(17億ドル)を調達した。


参照:What Was TON And Why It Is Over

この記事をシェアする:
Related Article

あわせて読みたい関連記事

COLUMNS

コラム

すべてのコラムを見る