Stellar開発財団(SDF)は、550億XLMを焼却

2019-11-05

Stellar開発財団(SDF)は11月5日、戦略調整のため、550億XLM(44億ドルに相当)を焼却したことが明らかになった。

同組織は11月4日に、既にXLMの供給総量を500億に減らすと発表した。その後、ブロックチェーン開発、応用開発、パートナーシップに力を注ぐ計画をしている。

Stellarエコシステムに貢献している企業に対する80億XLMの基金を支援し、さらにエアドロップを通じて市場に40億XLMを提供する予定をSDFが新たな計画の中で表明した。

今年9月に、SDFはKeybaseを通じて200万XLMに相当するエアドロップを実施した。去年の11月にも、仮想通貨ウォレット開発者「Blockchain」との提携により、約1.25億ドルに相当するXLMを市場に無償提供していた。

今回の焼却により、XLMの価格は一時的に上昇し、上げ幅は24%に達したことが分かった。

 


 

この記事をシェアする:
Related Article

あわせて読みたい関連記事

COLUMNS

コラム

すべてのコラムを見る