総務省:仮想通貨で政治家個人への献金「違法ではない」と判断

2019-10-07

総務省

仮想通貨の献金

総務省は、「仮想通貨を用いて政治家個人への献金は違法にはならない」との見解を示した。読売新聞が報じた。

現行の「政治資金規正法」では、政治家個人への献金を禁止されているが、仮想通貨は「金銭」や「有価証券」には該当しないため、「違法ではない」と判断された。これに対して、日本大学の岩井奉信教授が「現在の法律は時代の流れに対応できていない」とコメントし、新たな寄付方法として若者が政治への参加を促す効果が期待できるものの、換金性の高い仮想通貨の取引が公開されない点が、透明性確保の理念に反する可能性があると懸念している。

 


News from:読売新聞

この記事をシェアする:
Related Article

あわせて読みたい関連記事

COLUMNS

コラム

すべてのコラムを見る