SBIとSMBCが戦略的提携 ブロックチェーン分野等スタートアップに向けた1,000億円規模のファンド設立へ

2020-04-28

今月28日、SBIグループとSMBCグループはスマホ金融サービスを含むデジタル分野やその他の領域における戦略的資本・業務提携をすることを発表した。

両社が合意した内容は以下の通りである:

  1. スマホ証券及び金融サービス仲介業における提携
  2. 対面証券ビジネスにおける提携
  3. SMBCグループによるSBIインベストメント株式会社の新設ファンドへの出資
  4. 地方創生に向けたサービス提供における提携
  5. 証券システム及び証券事務分野における提携
  6. SBIグループ及びSMBCグループ間の資本協力関係の強化への取組み

この基本合意により、両社はスマホ向け金融サービス・対面販売・地方創生推進に向けたサービスなどの連携を進めていき、若年層を中心とする投資初心者層の新規取り込みや将来的なグループ間での資本協力関係強化を目指すという。

さらに、SMBCはSBIインベストメント株式会社が新設するベンチャーキャピタルへの1,000億円規模のLP出資を予定し、FinTech、AI、ブロックチェーン、その他テクノロジー関連スタートアップに対しての投資とデジタル領域の加速も進めるようだ。


詳細は、SMBC Holdingsホームページ→http://www.sbigroup.co.jp/news/2020/0428_11948.html

この記事をシェアする:
Related Article

あわせて読みたい関連記事

COLUMNS

コラム

すべてのコラムを見る