一目で分かる、ブロックチェーンの初心者入門知識

2019-12-02

ブロックチェーンの初心者入門知識
本文は、ブロックチェーンと仮想通貨(暗号資産)について、初心者向けの内容となっています。ブロック、アドレス、マイニング等の基本概念をわかりやすく解説し、短時間でブロックチェーンと仮想通貨への理解をできるようになります。また、該当項目の詳しい説明や関連リンクを添付しておりますので、ぜひご活用ください。

 

ブロックチェーン
ブロックチェーンは、特定の技術発明ではなく、多くの新興技術を合わせて成り立っている技術の集合体です。その本質は、暗号学に基づく多人共同で維持する且つ改ざん不可な分散型のデータベースです。

ブロックチェーンとは
ブロックチェーン技術の持つ取引「追加性」の真正性と台帳「入力」技術発達への予測

 

ブロック
1つのブロックは、一定の時間内に行われたトランザクションの集合体です。更に簡単に言えば、ブロックに保存されたのは、取引のデータや一連の認証情報です。

 

トランザクション
トランザクションは、取引を表す用語として利用されています。例えば、ビットコインをあるアドレスから、別のアドレスに一回送金したとき、一回のトランザクションが処理されたことを意味します。

 

アドレス
アドレスは、仮想通貨を送金する際に銀行口座の番号に該当するものです。形としては、「1GeWr6YKTQC6fcnhHVuqgv2iU8x4dAsD5g」のような、「1」から「g」までの数字と英文字の連なりです。

ビットコイントランザクション追跡サイト
イーサトランザクション及びイーサリアム上で開発されたトークン追跡サイト

 

公開鍵暗号
暗号化と閲覧を別々の暗号鍵で実行する目的で運用されています。公開鍵暗号方式では特定の人だけが知っている「秘密鍵(シークレット・キー)」と外部に公開している「公開鍵(パブリック・キー)」というペアの暗号鍵があります。

公開鍵暗号とは

 

ウォレット
ウォレットというのは自分の財産の仮想通貨を管理する財布のことです。ネットワークに接続しているか否かの分類法によって、ネットワークに接続された状態で仮想通貨を保管するホットウォレットとネットワークから完全隔離された状態で仮想通貨を保管し、取引時に専用端末とパソコンを繋ぐ必要があるコールドウォレットがあります。

ウォレットとは

 

仮想通貨
ブロックチェーンに関連する仮想通貨には、ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、リップル(XRP)など様々なものがあります。デジタル通貨や電子通貨よりも更に広い範囲の意味を表し、業界でその定義については、未だに一致していません。

主流仮想通貨

 

ビットコイン
2008年、中本聡と名乗る人物が「Bitcoin : A Peer-to-Peer Electronic Cash System」と題する文章をネットに公開しました。銀行などの仲介業者を介せずに、利用者は自由な取引が実現する、ビットコインのシステムを紹介しました。ブロックチェーンは、ビットコインの元技術であり、ビットコインはブロックチェーン技術の応用例です。ビットコインの本質的はコードです。

ビットコインとは

 

サトシナカモト
ビットコインの「発明者」と見られる中本聡は2010年以後、その姿を消しました。正体は今なお不明です。その後、自分がサトシナカモトだと主張する人物が何人も存在しますが、その信用性が極めて低いです。

 

分散型
通常では、銀行という存在のように、人々が銀行を介して取引を行わなければなりません。分散型の場合では、このような仲介業者を取引から除外し、誰でも参加できる、且つ管理できるシステムを構築していく理想的な状態を指します。

 

P2P(Peer-to-Peer)
ネットワークに参加するコンピュータ(ノード)がそれぞれ同じの立場、地位を持ち、ネットワークを維持するための負荷を共同で負担すること(直接通信)を意味します。単一ノードの故障によりシステム全体へ影響を回避できるという特徴が持たれています。

 

ブロックチェーンのノード
ネットワークの負荷を分担する端末はノードです。フルノードとは、すべてのトランザクションデータを所有しているノードのことです。軽量ノードとは、そのノードに直接関連しているデータだけを所有しているノードのことです。

 

イーサリアム
ビットコインのような順次記録のシステムだけではなく、「当事者の合意条件のもとで、特定の処理を将来においても確実に実行できる」というスマートコントラクトを実装できるブロックチェーンのシステムです。イーサリアムは、2013年ロシア系カナダ人のヴィタリック・ブテリン(Vitalik Buterin)が発表したものです。彼は、スマートコントラクトを実装できるイーサリアムを「iPhone」とし、ビットコインを「電卓のような計算機」として比喩しました。

 

スマートコントラクト
スマートコントラクト(Smart Contract)は決して新しい概念ではありません。1995年に既に科学者であるニック・サボ(Nick Szabo)によって提起されたものです。ブロックチェーンの仕組みでは、その本質は、コードであり、コンピューターの指令に従い、コントラクトを自動的に執行する手段です。

スマートコントラクトとは

 

分散型アプリケーション(Decentralize Applications)
スマートコントラクトを実装できるブロックチェーンチェーンに開発された様々な用途を持つアプリケーションのことを意味しています。

分散型データベースとしてのブロックチェーン活用
ブロックチェーンプロダクトの4分類【連載:ブロックチェーン】

 

コンセンサスアルゴリズム
分散型のシステムの中で、各ノードが如何に合意(情報の共有)を形成していくかの仕組みです。既存のPoWやPoSのはか、需要に応じて様々な仕組みは開発されています。また、異なるコンセンサスアルゴリズムを合わせて、システムに導入するケースもよくあります。

 

トークン
ブロックチェーンの領域におけるトークンは、暗号学に基づくある権利を有するデジタル化の証です。業界では、ブロックチェーン内の原生通貨を「仮想通貨」と呼ばれ、スマートコントラクトによって開発された仮想通貨を「トークン」と呼ばれることが多いです。

 

仮想通貨取引所
日本国内の取引所は金融庁の「仮想通貨交換業者」に登録しない限り、仮想通貨交換業務を展開することができません。また海外に拠点を置く取引所は、日本市場に向けて仮想通貨交換サービスを直接提供することも禁止されています。投資家保護の観点から、現時点では、日本の仮想通貨取引所が取り扱っている仮想通貨の種類が少ないですので、投資家は一部の銘柄を購入することができないのも現状です。

【仮想通貨取引所の取引量調査レポート】市場の取引状況と分析方法

 

マイニング
発掘・採掘の意味で、その本質はコンピューターを含む機械を用いて一連の数学計算を行い、正解を算出したことで、システムから報酬を得ること、更に簡単に言えばブロックチェーン内の取引履歴を含む情報を記録することを指します。しかし、ハッシュレート(採掘速度)の増加によって、マイニングの難易度も上がるため、マイニングマシンと呼ばれる専用機械も市場に現れるようになりました。

 

マイニングマシン
仮想通貨を採掘するための専用機械です。例えば、中国に本拠を置くビットコインマイニング用の特定用途向け集積回路チップを設計するBitmainが開発しています。

 

マイニングプールとは
計算力の低い複数のマイニングマシンの計算力を合わせたことで、ブロックを生成することに当たる確率を高める方法で、マイナーが協力してマイニングを行うことを指します。

 

ステーキング
コンセンサスアルゴリズムのPoS(Proof Of Stake)から由来する概念です。仮想通貨を、該当プロジェクトのシステムやノードに預けることで、報酬を得る一連の行為、またその行為から派生するサービスのことを指します。

マイニングからステーキング(Staking)へ、仮想通貨を保有するだけで稼げる?
【The Staking 研究レポート】第一部 コンセンサスアルゴリズムの選択ー合意形成の仕組みへ

 


・随時更新する場合がありますので、予めご了承ください。

この記事をシェアする:
Related Article

あわせて読みたい関連記事

COLUMNS

コラム

すべてのコラムを見る