PayPal CEO:Libraから離脱理由を開示、自分がビットコイン保有

2019-11-21

PayPal

フェイスブックが6月にLibraプロジェクトを発表した時に、PayPalやVisaを含む28社はLibra協会に参加する予定だったが、PayPalは具体的な理由を説明しないまま、Libra協会から離脱したと報じられた。

先週、PayPalのCEOであるDan Schulman氏がフォーチュンのインタビューでその離脱の理由やPayPalとLibraとの関係を明らかにした。

離脱理由については、同氏は「Libraへの知識や理解を深めた後に、PayPalのロードマップにも様々な課題を優先に解決しなければならないと意識した」「これは離婚のような決裂の関係ではなく、更に調査、研究を通じて、ファイナンシャル・インクルージョンを推進するために、Libraとの提携を計画予定」などと説明した。

金融監査機関による審査に対して、同氏は「規制やルールを守るのが前提。監査機関との関係をうまく維持しているが、Libra協会に参加する前に、PayPalが具体的に何をすべきかという点をまだ明確に決定していない。」との観点を示した。

また、仮想通貨の保有状況について、Dan Schulman氏はビットコインだけを持っていると述べた。

 


 

この記事をシェアする:
Related Article

あわせて読みたい関連記事

COLUMNS

コラム

すべてのコラムを見る