ノーベル賞受賞者の Joseph Stiglitz氏が仮想通貨を禁止すべきと主張、物議を醸す

2019-05-07

Joseph Stiglitz氏

米国経済学者、ノーベル賞経済学賞受賞者である Joseph Stiglitz氏は、5月6日に公開されたCNBCの動画で、「仮想通貨を禁止すべきだ」と述べ、2017年の発言に引き続き仮想通貨に対する否定的な観点を再び表明した。同氏は仮想通貨の不透明感による資金洗浄、違法な資金調達が多発、法定通貨としての属性が不十分などの理由を取り上げた。一方、法令の下で展開し、利用者の経済活動を記録できる電子決済に対しては期待を強く示している。しかし、これらに対して、プライバシーの侵害、技術発展の制限などの反対意見もあった。

 


 

この記事をシェアする:
Related Article

あわせて読みたい関連記事

COLUMNS

コラム

すべてのコラムを見る