ナイキ、スニーカーの特許「CrpytoKick」米国特許商標庁にて登録を完了

2019-12-11

CrpytoKick

スポーツ関連を扱うナイキ(NIKE)が開発し、ブロックチェーン技術を導入したスニーカーの特許「CrpytoKick」はこのほど、米国特許商標庁にて登録を完了した。

CrpytoKickはトークン化された商品として、イーサリアムのブロックチェーンを介して、その所有権の確認、偽物の防止等の機能が付けられている。また、一足のスニーカーに対応するIDは唯一のもので、利用者がスニーカーを購入することで、所定数のERC 721 トークンが解除される。このトークンは、スニーカーのカラーや形とった情報を記録し、ID照合によって、本物の商品であることを保障する。

スニーカーのほか、NIKEはオンライン市場全体に目を向けて、これに関連したいくつかの新サービスと製品を開発しているという。

 


 

この記事をシェアする:
Related Article

あわせて読みたい関連記事

COLUMNS

コラム

すべてのコラムを見る