韓国科学と情報通信省は今年上半期に4億9,800万ドルに相当するブロックチェーンプロジェクトの実現性に対する調査を再び実施予定

2019-04-09

etnewsの報道により、韓国科学と情報通信省(MSIT)は、今年上半期に4億9,800万ドルに相当する某ブロックチェーンプロジェクトの実現性に対する調査を再び実施することがわかった。当該調査は今年の1月に停止された。MSITは5月に別のプロジェクトの実現可能性調査を実施すると聞かれているが、実際のスケジュールは5月より幾分か遅れるだろう。
MSITの代表は、次のように述べている。「5月より遅くなるかもしれないが、我々はプロジェクトのあらゆる部分が実現可能性調査に合格するために完璧で正確であることを確認するつもりである。」KISTEP(韓国科学技術院)のMSITのブロックチェーンプロジェクト実現可能性調査に関する報告によると、MSITのプロジェクトは、科学技術的妥当性、政治的妥当性、および経済的妥当性に関して「満足できない」レベルにしか達していなかった。業界は、MSITのプロジェクト説明が最初の段階に既に経済的実現可能性に関する情報を欠いていたと指摘した。DApp(分散型アプリケーション)を商品化していないだけでなく、eSportsなど、ブロックチェーンの適用によって活性化する可能性のある分野も含まれていない。

 

 


News from:etnews

この記事をシェアする:
Related Article

あわせて読みたい関連記事

COLUMNS

コラム

すべてのコラムを見る