ベルギー主要銀行がブロックチェーン技術で情報共有を開始

2020-01-23

ベルギーの銀行

金融サービスプロバイダーであるIsabel Groupの情報によると、ベルギーの4つの主要銀行であるBelfius、BNP Paribas Fortis、ING Belgium、KBCがこのほど、カスタマーサポートの効率化を向上させるために、ブロックチェーン技術を導入し銀行間の情報共有を開始した。

銀行では「Know Your Customer」プロセスの一環として、ブロックチェーンで企業に関するデータを共有し、企業やIDの審査、管理を合理化していく。ブロックチェーンに情報とトランザクションを記録し、追跡機能のあるシステムを活用することで、マネーロンダリングやその他の不正行為を防ぐことが可能となる。

従来の検証プロセスは時間がかかり、各銀行において個別にその審査が実施され、頻繁にその流れを繰り返す必要があるのに対して、新たな技術を導入することでかかる所要時間が大幅に短縮され、運営コストも節約できるようになる。

Isabel Groupは、クライアントが特定のプラットフォームで関連情報を一回入力するだけで、銀行などの金融機関によって検証される。その後、入力されたクライアントの情報はネットワークに参加する金融機関に共有するため、金融機関は口座開設などの業務にほぼ遅延なしで対応すると言及した。

Belfius、BNP Paribas Fortis、ING Belgium、KBC以外の銀行もネットワークに参加する予定があるようだ。

 


 

この記事をシェアする:
Related Article

あわせて読みたい関連記事

COLUMNS

コラム

すべてのコラムを見る