米企業8社、仮想通貨格付け組織を立ち上げ

2019-10-02

Crypto Rating Council

評価基準

仮想通貨格付け組織の「Crypto Rating Council」が、米企業8社によって共同設立された。同組織は仮想通貨取引を行う投資家に情報提供や連邦証券法に遵守することを促す目的としている。

設立メンバーは、Anchorage、Bittrex、Circle、Coinbase、DRW Cumberland、Genesis、Grayscale Investments、Krakenの8社である。「Crypto Rating Council」は、特定の暗号資産にたいして米国連邦証券法で証券として分類される可能性が高い、または低い特徴があるかどうかを一貫して評価する取り組みを行う。1点~5点の区間で点数が高ければ証券として見なされる可能性が極めて高いという。公式サイトの情報によると、現時点ではビットコインの得点が1点(最低)で、ステーブルコインプロジェクトMakerと証券型トークンの発行プラットフォームPolymathの得点が4.5点(最高)となっている。

 


News from:Crypto Rating Council

この記事をシェアする:
Related Article

あわせて読みたい関連記事

COLUMNS

コラム

すべてのコラムを見る