独シュトゥットガルト証券取引所がLTCとXRPのETNを上場させた

2019-05-14

独取引所のイメージ

CCNの報道によると、ドイツで2番目に大きいシュトゥットガルト証券取引所(BörseStuttgart)は、ライトコイン(ライトコイン)とXRP(リップル)のETNの上場を承認したことが分かった。ETNとは、「Exchange Traded Note」の略で、「上場投資証券」あるいは「指標連動証券」と呼ばれる上場商品のほか、ETFと類似する、価格が株価指数や商品価格等である「特定の指標」に連動する商品を指す。この2つのEINの上場によって、LTCとXRPの流通性向上が期待されている。

 


News from:CCN

この記事をシェアする:
Related Article

あわせて読みたい関連記事

COLUMNS

コラム

すべてのコラムを見る