米財務省:犯罪に関わるアドレスをブラックリストに

2019-08-26

米国財政部

Specially Designated Nationals

米国財務省は、犯罪に関わる仮想通貨アドレスを厳密に注目し、識別されたアドレスをブラックリストに掲載することを強化している。

先週、同省はマネーロンダリングの疑いとして、中国人と見られる3名対象の制裁を加え、11個のビットコイン(BTC)アドレスと1つのライトコイン(LTC)アドレスを「Specially Designated Nationals」に掲載した。これにより、該当アドレスに関わる全ての活動を禁じられるようになった。米国当局や監査機関は、仮想通貨を介する犯罪活動に強い懸念を持ち、取引所などとの連携を通じて防止対策に取り組むことをより拡大するとのことだ。

 


 

この記事をシェアする:
Related Article

あわせて読みたい関連記事

COLUMNS

コラム

すべてのコラムを見る