中国人民銀行が発行するデジタル通貨の狙いは、小売業決済の改善にある

2019-08-21

デジタル通貨

人民日報が8月21日に公開した文章は、「中国人民銀行が発行するデジタル通貨の狙いは、主に小売業において決済流動性を改善することにある」と報じた。

文章は元人民銀行総裁の周小川(Zhou XiaoChuan)の話を引用し、「人気度の高い電子ウォレット、オンライン決済の開発及び既存の通貨体系を完全に再編成する目的ではなく、むしろ決済頻度が高い小売業界において、その決済にかかるコストの低減と利便性の向上を図る」と指摘した。一方で、開発中のデジタル通貨に対して、人民銀行決済部門の穆長春(Mu Changchun)は、「ブロックチェーン技術だけではなく、人民銀行が指定している複数の開発組織は、あらゆる技術を活用し、デジタル通貨の開発手段を多様化している。このような内部競争によって、最善策を生み出す」とコメントした。

 


Newsfrom:人民日報

この記事をシェアする:
Related Article

あわせて読みたい関連記事

COLUMNS

コラム

すべてのコラムを見る