北朝鮮がサイバー攻撃で仮想通貨の取得を否認

2019-09-02

サイバー攻撃

北朝鮮は9月1日、外国銀行や仮想通貨取引所に対するサイバー攻撃を行い、およそ20億ドルに相当する利益を不正に取得したことを否認した上で、米国がデマを流し、誹謗中傷を繰り返しているのを批判した。

既報では、国連安全保障理事会の北朝鮮制裁委員会が2019年3月12日に公開した年次報告書によると、北朝鮮が韓国や日本の仮想通貨取引所へのサイバー攻撃で仮想通貨を5億7100万ドル不法に取得したと指摘した。その後、同委員会が公開した報告では、2015年12月~2019年5月の期間内、北朝鮮が17カ国に対する35回のサイバー攻撃を通じて、およそ20億ドルに相当する利益を不正に取得したと指摘したという。

 


News from:ロイター

この記事をシェアする:
Related Article

あわせて読みたい関連記事

COLUMNS

コラム

すべてのコラムを見る