IEA:BTCマイニングによる二酸化炭素の排出量が世界総量の0.03%-0.06%

2019-07-24

国際エネルギー機構

国際エネルギー機関(IEA)

7月23日、国際エネルギー機関(IEA)が発表したレポートによると、ビットコインのマイニングは一年間約10~20兆トンの二酸化炭素を排出し、世界排出量の0.03%~0.06%を占めると予測されたことが分かった。

ビットコインのマイニングは、2019年前半だけの電気使用量がアイルランドの一年間の電気使用量の26TWhを超え、約29TWhに達した。また、マイニングに再生可能エネルギーを利用する割合は、エネルギー源の約76%を占めていたと、IEAのレポートが指摘した。

 


News from:IEA

この記事をシェアする:
Related Article

あわせて読みたい関連記事

COLUMNS

コラム

すべてのコラムを見る