ブラジル中央銀行、暗号資産にIMFの新分類基準を導入

2019-08-27

ブラジル中央銀行

IMFの新分類基準

ブラジル中央銀行は8月26日、国際通貨基金(IMF)の新分類基準(Treatment of Crypto Assets in Macroeconomic Statistics)に基づき、発行者のない暗号資産を金融商品ではなく資産売買として分類した。

これにより、ブラジル人による仮想通貨に関わる売買については、外国為替契約の実行を伴うため、商品の輸出統計と輸入統計に計上されるようになった。また、ブラジルは暗号資産の純輸入国であるため、これが国際収支統計における貿易黒字の削減に有効となると考えられている。

 


News from:BCB

この記事をシェアする:
Related Article

あわせて読みたい関連記事

COLUMNS

コラム

すべてのコラムを見る