【11月14日】持続可能社会の実現に迫る!SDGs達成にむけたブロックチェーン活用のチャレンジ!!|Blockchain EXE #20

說明
2001年に策定されたミレニアム開発目標の後継として,2015年9月の国連サミットで、「持続可能社会」を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成される国際目標「SDGs」が採択されました。これを受けて、実施方針で定められた5つの主要原則「普遍性」「包摂性」「参画性」「統合性」「透明性」に対して、今まさにブロックチェーンを活用した様々な取り組みがなれされています。

今回は、ブロックチェーンが、SDGsで掲げられた目標である持続可能社会の実現をいかに後押しすることができるのか、各領域で活動する事業家と共に、その実態と今後の展望について迫ります。

 

<セッション>
※タイトル・内容・スピーカーは予定です。予告なく変更になる可能性があります。
19:00 – 19:10「オープニング」
石井 敦|クーガー株式会社
19:10 – 19:30 「生活者×スタートアップ×大企業によるブロックチェーンを活用したオープンイノベーション型の社会変革プロジェクト ~その背景と設立の舞台裏、および今後の展開~」
伊藤 佑介|博報堂ブロックチェーン・イニシアティブ
19:30 – 19:50 「トークンエコノミーにおけるブロックチェーンとトークンの使い分け。個人の信頼を可視化するイノベーションサービスどうを設計するか〜bajjiの事業推進を通じて〜」
小林 慎和|株式会社bajji
19:50 – 20:10 「ブロックチェーンが生み出した新しい文化 ~コミュニティトークンの活用事例~」
平井威充|ステラエックス株式会社
20:10 – 20:30 「ブロックチェーンアイデンティティの今と未来」
安田クリスティーナ|マイクロソフト・コーポレーション デベロッパー・リレーション クラウド + AI プログラムマネージャー
20:30 – 20:50 ディスカッション
21:00 – 21:30 懇親会(軽食あり)+ライトニングトーク
※ ライトニングトーク希望者は、参加お申込み後にメッセージにてご連絡ください
※ 技術面や知見の共有に重きをおいた内容でお願いします(宣伝目的での発表はお断りしています)

 

<基本情報>
定員: 60名(事前チケット購入)
日時:2019年11月14日(木)19:00〜21:30 ※ 入場受付時間18:30〜21:00
場所:株式会社Speee 黒崎ビル5階(六本木)
参加費:1,500円
※キャンセルは11月9日(土)まで承ります。期日を超えてのキャンセルはお受けできかねますので、予めご了承ください。

お申し込みは:こちらより!

受付:受付で名刺を2枚ご提示ください。1枚は頂戴し、1枚はネームホルダーにセット致します。名刺をご持参されない場合、お名前の確認できるものをご提示ください。
その他: Wi-Fiはありますが、電源の用意が足りない事がありますので、その場合は同じテーブル卓の方とシェアになります。
※投資・投資勧誘が目的でのご来場はご遠慮ください。会場内にてそのような行為を発見した場合はご退場いただく場合があります。

 

<対象>
ブロックチェーン技術及び周辺技術、応用方法に興味のある、
・エンジニア・デベロッパー・ディレクター・デザイナー
・ビジネスパーソン・プランナー・プロデューサー・会社経営者・学生

「Blockchain EXE(ブロックチェーン エグゼ)」は、あらゆる産業に広く応用が期待されるブロックチェーンに関して、動作原理・基礎・応用・最新技術など、技術面の共有に重きを置いた、エンジニア及び技術に興味を持つ人達のコミュニティです。そのコミュニティの中核となる、技術セッションを中心としたミートアップを定期的に開催しています。

 

<スピーカー・モデレーター紹介>

小林 慎和 Noritaka Kobayashi| 株式会社bajji ファウンダー兼CEO、ビジネス・ブレークスルー大学 准教授
野村総研、グリーを経てシンガポールにて独立。以来国内外で7社起業。現在のbajjiはブロックチェーンで2社目の起業となる。これまで2社のイグジット経験があり、事業のミッションは一貫して社会変革イノベーターの創出。bajjiでも100万人のイノベーターを創出するべく日々事業を推進中。映画監督が本業(自称)。


平井威充 Takemichi Hirai| ステラエックス株式会社 代表取締役CEO
国内金融機関にて企業年金の資産管理・資産運用業務に従事。また、人事部にて新卒・中途採用業務にも携わる。2012年ごろからブロックチェーンとディープラーニングに興味を持ち2015年に退職。退職後ブロックチェーン業務にエンジニアとして携わり、2018年1月ステラエックス株式会社を設立。現在はアプリ名「island」を今夏β版としてローンチしブロックチェーンの実運用を行うとともにトークンを活用した新しいコミュニティ文化経済圏を研究している。


安田 クリスティーナ Christina Yasuda| マイクロソフト・コーポレーション デベロッパー・リレーション クラウド + AI プログラムマネージャー
1995年 サンクト=ペテルブルク生まれ、札幌育ち。パリ政治学院政治学部法学部を首席で卒業。2016年、個人が個人としてオンラインで尊重される社会作りをビジョンとする米NGO InternetBar.orgディレクターに就任。デジタル技術を活用した途上国支援をテーマに電子身分証明書事業を立ち上げ、現在、バングラデシュでパイロットプロジェクトを実施中。UNESCO、UNFCCC、ASEAN、EU主催の国際会議など、各国のフォーラムでのプロジェクト発表を通して、情報流出なく個人認証が可能な世界の実現がもたらすパラダイムシフトについての啓発にも取り組む。言語や異文化理解など自身の強みを生かして日本の世界的な競争力向上に貢献するために日本での就職を決断。NGOでの活動を続けながら、2017年アクセンチュアの戦略コンサルティング本部に新卒入社し、最速で昇進。2019年より現職に就く。


伊藤 佑介  Ito Yusuke|博報堂ブロックチェーン・イニシアティブ
2008年にシステムインテグレーション企業を退職後、博報堂にて営業としてデジタルマーケティングを担当。
2013年からは博報堂DYホールディングスに出向し、マーケティング・テクノロジー・センターにて、デジタルマーケティング領域のシステムの開発~運用に従事。
2016年から広告・マーケティング・コミュニケーション領域のブロックチェーン活用の研究に取り組み、2018年9月より博報堂ブロックチェーン・イニシアティブとして活動を開始。その後、次々とマーケティング・コミュニケーション領域のブロックチェーンサービスを開発し、2018年11月5日にトークンコミュニティ解析サービス「トークンコミュニティ・アナライザー」、2019年1月31日に生活者参加型プロモーションサービス「CollectableAD」、2019年2月6日にデジタルアセットリアルタイム配布メディアサービス「TokenCastMedia」をリリース。現在は、さまざまなブロックチェーンベンチャーとコラボレーションしてブロックチェーンの社会実装に取り組んでいる。

石井 敦 Atsushi Ishii | クーガー CEO
IBMを経て、楽天やインフォシークの大規模検索エンジン開発、日米韓を横断したオンラインゲーム開発プロジェクトの統括、Amazon Robotics Challenge参加チームへの技術支援や共同開発、ホンダへのAIラーニングシミュレーター提供、「NEDO次世代AIプロジェクト」でのクラウドロボティクス開発統括などを務める。2017年に開始したブロックチェーン技術コミュニティ「Blockchain EXE」の代表を務め、世界10都市以上でイベントを開催。これまでにのべ3,000人以上が参加する国内最大規模のブロックチェーンコミュニティを主催している。現在、「AIxARxブロックチェーン」によるテクノロジー「Connectome」の開発を進めている。2018年、スタンフォード大学にて特別講義を実施。電気通信大学 客員研究員。

 


 

この記事をシェアする:

11月14日(木)

会場

東京都港区六本木4-1-4 黒崎ビル5階

主催

このイベントをシェアする: