イーサリアム上の105.4万USDCが焼却された

2019-08-21

USDC

USDC

Whale Alertの情報によると、8月20日の20時15分頃(日本時間)、イーサリアム上の105.4万USDCが焼却されたことが分かった。

焼却とは、コインバーニング(Coin Burning)という意味で、該当仮想通貨の流通量を減少させることで、価格を維持するか、高騰させる手段と言われている。通常方法の一つとしては、秘密鍵が紛失され、取り戻す可能性のないアドレス(Eater Address)に送金することがある。

 


Newsfrom:Whale Alert

この記事をシェアする:
Related Article

あわせて読みたい関連記事

COLUMNS

コラム

すべてのコラムを見る