中国政府、マイニングに対する態度に転換が生じたか

2019-11-07

産業構造調整マイニング

中国政府は11月6月、公式サイトを通じて『産業構造調整指導目録(2019年)』を公開した。同目録は2020年1月1日より実施される予定だという。

『目録』は、既存の法律や規定に違反した産業、無駄な資源の消費に関係する産業、環境汚染をもたらす産業を行うことを明確に禁止している。マイニングは、『産業構造調整指導目録(2019年)』(送審稿:仮案)には、禁止される予定だったが、今回正式に公開された『目録』では、マイニングが削除されたことが明らかになった。

中国政府は、マイニング事業に対して、明確に禁止する意思を示していないが、比較的否定的な態度を取りながら活動を展開していたという。しかし、新たな『目録』が公開されたことで、中国政府が今後マイニングに対する態度には大きな転換が生じたことを業界は読み取っている。マイニング設備を生産する企業にとっても、明るい法的環境が備わっていく兆しが見えてくる。

 


News from:GOV

この記事をシェアする:
Related Article

あわせて読みたい関連記事

COLUMNS

コラム

すべてのコラムを見る