Block.one、未許可のICOを実施に2400万ドル罰金を払う

2019-10-01

資金調達

米国証券取引委員会(SEC)は9月30日、未許可のICOを実施したとして、ブロックチェーン開発会社Block.oneに対し、2400万ドル罰金を科し、Block.oneがその処罰に同意したと発表した。

2017年6月~2018年6月の一年間においては、EOS開発を手掛かるBlock.oneがSECの許可を取得せずに約41ドルに相当する資金を調達した(ERC20トークンを利用)と報じられた。今回の処罰に対して、その最終の調査結果を問わず、Block.oneがその処罰を受け入れたという。

 


News from:SEC

この記事をシェアする:
Related Article

あわせて読みたい関連記事

COLUMNS

コラム

すべてのコラムを見る