【イベント情報】「18時間で新規事業案を作れ。」ブロックチェーン ビジネス ハッカソン #4【バイナリースター】

2019-06-19

申込はこちら

♦︎ブロックチェーンをどうビジネスに活かすのか? とお悩みのすべての方へ。

・ブロックチェーンの可能性は分かる。取り組まなければいけないのも分かる。が、実際にどうすればビジネスにできるのかが分からない方
・上司からブロックチェーンの事業案を提案するように言われている。しかし、具体的なビジネス案が浮かばない方
・ブロックチェーンを使ったビジネスアイデアはあるが、このアイデアがどれくらいビジネスとして成り立ちそうなのか、フィードバックをもらえる場がなくて困っているベンチャーの方
・ブロックチェーンビジネスの稟議をなかなか通せず、じれったい大企業の方

♦︎日本最大のブロックチェーンビジネスハブであるBINARYSTARが、ビジネスハッカソンを開催します!

BINARYSTARは皆さまの、お悩みに徹底的にコミットいたします。

BINARYSTARで過ごしていただくこの2日間を通して、ブロックチェーンを、具体的なビジネス案に昇華していただけるよう、できる限り努力いたします。

具体的には:
この2日間で、①ブロックチェーンを活用した新事業案を一緒に考え、②そのアイデアを推進していくためのイメージを整理していただき、③またそれを効果的に発表できるよう随時フィードバックをしながらフォローしていきます。

これまで数多くのベンチャーを支援し、国内外で多数のビジネスプランコンテストやハッカソンを主催してきた元マッキンゼーの赤羽雄二がメイン講師となり、ゼロからブロックチェーンビジネスの事業計画第1版を作る道筋を全力サポート。

また、BINARYSTARのインキュベーション・マネージャーであり、弁護士の井垣孝之も講師としてフル参加し、ビジネスのみならず法的な側面もその場でアドバイスします。

さらに、技術面も、ブロックチェーンに非常に詳しいエンジニアがサポート。「ブロックチェーン的にこれはあり?」という質問もその場で回答します。

2日間で、ブロックチェーンを活用した新事業案のアイデア出しから、進め方のイメージまでをなるべく整理していただけるよう設計されているこの企画。ブロックチェーンを社会実装することをミッションに掲げるBINARYSTARの実力を、存分に体験いただける絶好の機会です。

参加費用:初日の昼食、夕食、2日目の昼食、懇親会費用として1名5000円
参加社数:20社まで(1社 MAX3名まで)

20社に到達した時点で申し込みを締め切ります。1名でご参加いただいても結構ですし、同じ会社の社員と数名(合計3名まで)で参加いただくこともできますので、お誘い合わせの上Peatixからチケットの申請をお願いいたします。

※事前お申込みなく当日会場に来られてもご入場できません。ご了承ください。
※タイトル・内容は予定です。予告なく変更になる可能性があります。

♦︎BINARYSTARブロックチェーン ビジネス ハッカソン・タイムテーブル

【6月22日(土)】
• 9:30 開場
• 10:00 – 10:10 開会あいさつ
• 10:10 – 11:00 スケジュールおよびビジネスアイデア立案プロセスの説明
• 11:00 – 11:15 実例紹介
• 11:15 – 11:45 ブロックチェーン技術でできること、できないこと。各プロトコルの特徴
• 11:45 – 12:30 どういう課題を解決したいか → アイデア出し
• 12:30 – 13:00 昼食(各自)
• 13:00 – 14:00 アイデアの可能性調査と絞り込み
• 14:00 – 14:30 各チームが追求するビジネスアイデアの発表(各チーム2分)
• 14:30 – 15:30 価値仮説の作成・フィードバック
• 15:30 – 16:30 顧客ニーズ把握、インタビューの実施
• 16:30 – 17:30 サービスの具体的イメージとシステム要件、競合優位性検討
• 17:30 – 18:30 サービスローンチロードマップの作成
• 18:30 – 19:30 各チーム発表(3分x15チーム)
• 19:30 – 21:00 各チームごとの検討、フィードバック

【6月23日(日)】
• 9:30 開場
• 10:00 – 10:10 2日目挨拶、本日のスケジュール確認
• 10:10 – 11:00 各チーム発表(3分x15チーム)
• 11:00 – 11:45 技術面からのアドバイス
• 11:45 – 12:30 各チームごとの検討、フィードバック
• 12:30 – 13:00 昼食(各自)
• 13:00 – 14:00 市場規模、成長性、ビジネスモデル
• 14:00 – 15:00 立ち上げシナリオ、アクションプラン、推進体制
• 15:00 – 16:00 プレゼン準備、練習
• 16:00 – 17:00 プレゼン大会(4分x15チーム)
• 17:00 – 17:10 審査結果発表(優勝、2位、3位決定)
• 17:10 – 18:30 懇親会

♦︎メイン講師紹介

赤羽雄二
赤羽雄二 Yuji Akaba (BINARYSTAR株式会社 アドバイザー・インキュベーションマネージャー)
シンガポールのInfinity Blockchain Holdings アドバイザー。ベトナムの280人規模、アジア最大級のブロックチェーン開発ベンチャー、Infinity Blockchain Labs アドバイザー。日本有数のブロックチェーン開発ベンチャー数社にもアドバイザーとして関わる。

東大工学部卒業後、コマツにて超大型ダンプトラックの開発。スタンフォード大学大学院に留学後、マッキンゼーにて14年間活躍。マッキンゼーソウルオフィスをゼロから立ち上げ、120名強に成長させた。

その後、創業前からのきめ細かな支援を特徴とするブレークスルーパートナーズを共同創業、「日本発の世界的ベンチャー」を1社でも多く生み出すべく活動中。同時に、大企業の経営改革、経営幹部育成、新事業創出に取り組む。

経済産業省、総務省などの研究会の委員を歴任。東京大学、電気通信大学、北陸先端科学技術大学院大学 講師。

著書に『ゼロ秒思考』『世界基準の上司』『7日で作る事業計画書』『変化できる人』など、国内19冊、海外16冊、合計70万部超。講演多数。(https://b-t-partners.com/book )

井垣孝之
井垣孝之 Takayuki Igaki (弁護士・BINARYSTAR株式会社 インキュベーションマネージャー)

京大法学部卒業。企業法務を中心とする弁護士業の他に、自ら起業した会社やNPO法人など6法人の経営にも携わっており、マネジメントやマーケティング、問題解決を得意としている。

また、基幹システムの開発でシステムエンジニアの仕事もこなし、通常の弁護士の業務を大幅に超えた、ビジネス全般にわたるスキルを持つ。内閣府が所管する「規制のサンドボックス」を用いた新事業の創出にも取り組んでいる。著書に「37の法律フレームワーク」がある。

 

 


 

この記事をシェアする:
Related Article

あわせて読みたい関連記事

COLUMNS

コラム

すべてのコラムを見る