カナダ銀行総裁:2020年に向けてデジタル資産に注目

2019-12-25

カナダ銀行

カナダ銀行のスティーブン・ポロズ(Stephen Poloz)総裁はこのほど、年末スピーチで世界経済に作用するデジタル資産の影響と通貨の未来について言及した。

ポロズ総裁は、ビットコインやステーブルコインを含む新たな技術による決済手段を一つの分野として継続的に研究していく必要があると指摘し、急速な変革が行われる中、カナダ銀行は、現金の代わりに通貨をデジタル形式で発行すべきかどうかについて検討の余地があるにもかかわらず、世界の動向に注目して不測の事態が発生した場合に対処する計画を立てる必要があると強調した。

ビットコインやリブラ等が政策当局に影響を与えることを認識した上、カナダ銀行は2020年にデジタル通貨に対する研究を深めていくと示唆されている。

 


 

この記事をシェアする:
Related Article

あわせて読みたい関連記事

COLUMNS

コラム

すべてのコラムを見る