Bakktビットコイン先物取引、最初の一週間での取引低迷

2019-09-30

Bakkt

ビットコイン先物取引

暗号通貨取引プラットフォームであるBakktが9月23日、現物引渡し型のビットコイン先物取引サービスを開始したものの、最初の一週間での取引が低迷している。

Bakktの統計によると、最初の一週間で成立した契約が165件で、月間先物取引契約には1BTCしか取り扱ってないため、先週のビットコイン平均価格を見ると、取引時価総額は150万ドルに留まった。

 


 

この記事をシェアする:
Related Article

あわせて読みたい関連記事