オーストラリア税務署が脱税対策を目的に10億ドルを、特に暗号資産を強調

2019-06-28

オーストラリアのイメージ

オーストラリア税務署

オーストラリア税務署(ATO)は、脱税対策の一環として約10億ドルを投じた。

ATOの担当者の話によると、特に仮想通貨に関する取引による脱税が多発していると指摘したという。ATOの計画の一部として、国内の仮想通貨を扱った業者に関連するデータや情報の提供を強制的に要求するようだ。初期段階では、比較的大きな規模を有する業者から提供されるデータを確保し、その後一般業者をカバーしていくという。またATOは、オーストラリア市場に関与する海外の業者との「データ共有の協議」も検討する予定だという。

 


News from:GN

この記事をシェアする:
Related Article

あわせて読みたい関連記事

COLUMNS

コラム

すべてのコラムを見る