【9月18日】AR/VR/MR体験会開催!XRが生み出す新たなビジネス徹底解説【NextXAsia#5】

2019-09-13

<このような方におすすめ>

・AR/VR/MRといったXRに関して深く知りたい方
・XRのビジネスインパクトについて強い関心を持ち、イノベーションへの理解を深めたいと考える方
・XRのより具体的な活用方法、活用ノウハウを知り、事業へ活かしたい方

<XRについて>

2016年「ポケモンGO!」の登場で、一気に認知度をあげたAR(Augmented Reality)=拡張現実。
最近では、VR(Virtual Reality)=仮想現実、及び、MR(Mixed Reality)=複合現実、といった技術がIT市場においてバズワードとして急速に広がり、これらのを総称して「XR」と表現しています。

AR:現実世界にCGなどで作るデジタル情報を加え、現実世界に仮想現実を反映(拡張)させる技術。
VR:コンピュータが生成した仮想的な空間をあたかも実世界であるかのように体感することができる技術。
MR:センサーやカメラといったものを活用して、位置情報を特定することでARの時には固定の表示のみだったキャラクターに対して近づいたり、いろいろな角度から見たりすることが可能。また、キャラクターに対して何らかの情報を入力することも可能。

<AR/VR/MR体験会 使用機材>

AR:Galaxy Gear VR


コントローラーがついて、操作感&没入感がアップ、大型レンズによる広い視野を提供、VR酔いも軽減し長時間のVR体験が可能に。人間工学に基づいて構造により、快適なつけ心地と視聴感を実現。

VR:OculusGo


Oculus GoはオールインワンVRヘッドセットです。携帯電話を挿入したり、コンピューターに接続したりする手間をかけずに、すぐにVR体験を開始できます。

MR:HoloLens


ビジネスに携わる人々がより効果的に学び、意思疎通を図り、共同作業する上で有用なアプリケーションやソリューションを独立型のデバイスと融合することで生まれました。これは、マイクロソフトによるハードウェア設計、人工知能 (AI)、および Mixed Reality の開発における革新の頂点であり、各業界を未来へと導けるように設計されています。

<タイムテーブル>

1.次世代テクノロジーが作るエンタープライズの未来
19:00 – 19:20
登壇者:
2.VRの未来と可能性
19:20 – 20:00
登壇者:雜賀瑞之耀 氏(ARシステム株式会社 代表取締役会長兼CEO)
3.VR/ARコンテンツが提供する顧客体験
20:00 – 20:25
登壇者:茂出木謙太郎 氏(株式会社キッズプレート 代表取締役)
4.AR/VR/MR 体験会
20:25 – 21:30
5.懇親会
20:30 – 21:30
※体験会途中から懇親会をスタートいたします。

***講演内容及び登壇者は予告なく変更する場合があります***

<登壇者詳細>

雜賀瑞之耀 氏〈Saiga Yoshiaki〉
AI×XR×Blockchain 連続起業家・投資家
ARシステム株式会社
代表取締役会長兼CEO

http://arsystem.co.jp
戦国時代の鉄砲隊で知られる雜賀衆・雜賀孫市( さいがまごいち) の家系に生まれる。
大手アパレルメーカーのバイヤー、 大手広告代理店のクリエイティブディレクター、IT上場企業のプロデューサーを経て、独立・開業。現在は10社の会社を経営し、5社の会社の顧問を務める。
「世界を変える100人の日本人経営者」の一人に選ばれる。

テクノロジー×イノベーション×ビジネスのコミュニティ
「AI×VRシンギュラリティラウンジ」を主宰。
https://idobata-salon.com/ detail/index/id/31

VRでは、VRで結婚式の映像を残すサービス「VR婚®」 を企画制作。
空飛ぶ車VRシミュレーターを企画開発。

ブロックチェーンのプロジェクトではアドバイザーとして3つの案件に携わっている。
AIアドバイザー、VRアドバイザーとして参画。
現在は、世界初の会話できるAIdol(アイドル) プロジェクトをSTOとして進行中。

他にもM&Aコンサルティング、アプリ・ツール・ プラットフォームの企画開発、
Web マーケティング、会員制ビジネスの企画運営、
レストランプロデュースなどの事業を多角的に行っている。
商工会議所、福岡県、ロータリークラブ、経営者の交流会、税理士法人、監査法人、証券会社、上場企業などで講演多数。

著書に『AI×VRの衝撃〜 第4次産業革命からシンギュラリティまで〜』 などがある。
https://www.amazon.co.jp/dp/ 4896161556

ソフトバンクAI戦略パートナー
IBMビジネスパートナー

茂出木謙太郎 氏〈Modegi Kentarou〉
株式会社キッズプレート 代表取締役

日本バーチャル・リアリティ学会会員
認定上級バーチャル・リアリティスペシャリスト
ロケーションベースVR協会会員
CG-ARTS協会会員

東京造形大学卒業後、(株)トミー(現タカラトミー)に入社。その後広告代理店を経て、1995年に(株)IBMの子会社に入社。Webディレクターとして大手企業のWebサイト構築を行う。このころWebVR技術を活用したショッピングモールを通産省の実験として構築する。

Web系の制作会社にてプロモーションサイトの構築を10年行った後、2007年に株式会社キッズプレートを設立。
2014年からVRコンテンツに注目し、360度映像の撮影~編集。閲覧ソフトウェアの制作・コンテンツ制作に着手。アフリカ支援会議など海外での日本紹介に提供。

デジタルハリウッド大学大学院卒業制作では、360度カメラ専用の遠隔操作ドリーを株式会社京商と共同開発。同時にVRとARをつなぐコンテンツ「イグドラシル」を制作。アメリカ合衆国オースティンで毎年開催されているSXSWで発表。ドイツで開催されるCebitにて日本代表の一社として展示。また、中国深センのベンチャー企業REALIS社と提携し、モーションキャプチャーカメラ「RTSシリーズ」の日本展開を行う。

VTuberの制作・演出等にも積極的に関わっており、アベマTVにて「にじさんじ」の主要キャラクターが出演する番組「にじさんじのくじじゅうじ」においてVR空間内で撮影を完結される技術のコンサルティングとプランニング、実務を担当。
現在VRコンテンツの開発と、VTuberプロデュース事業に注力している。

「第14回 マルチメディアグランプリ 1999」 ネットワーク部門 ビジネス賞 受賞
「JPMプロモーションアワード2003」銀賞受賞

『Webデザイン コミュニケーションデザインの実践』共著 出版社: CG‐ARTS協会 (2006/3/1)
『インターネット&Webの必須常識100』共著 出版社: ワークスコーポレーション
『XHTML時代のWebデザインバイブル』監修 出版社: オーム社 (2001/11)
『Webサイトユーザビリティハンドブック ― Webビジネス成功に不可欠なサイトの「使いやすさ」を検証する』監修 出版社: オーム社 (2001/04)

 


詳細と申込はこちら

この記事をシェアする:
Related Article

あわせて読みたい関連記事

COLUMNS

コラム

すべてのコラムを見る