2019年第3四半期現物取引所取引動向研究レポート

2019-11-27

取引所取引動向研究レポート
 本研究レポートは、2019年第3四半期の現物取引所の取引動向を考察したものである。2019年第3四半期のグローバル市場の取引総量は4.7万億ドルに達し、前期比約16.07%の増加を見せていた。一方で、第2四半期の増加率と比べると、減速は鮮明になっている。その原因は、弱気市場の影響、資金流入の減少、暗号資産によるリスクなどと考えられている。従って、2019年第3四半期の取引総量は前期の既存の資金流入量に依存していた側面も見られると結論付けている。

現物取引-減速は鮮明

法定通貨の取引動向-日本円が半減

中央集権型取引所の取引動向-市場を支配

分散型取引所の取引動向-存在感が弱い

 

ダウンロードはこちらより可能ですので、ぜひご覧ください!


・現物取引所取引動向研究レポートに関する全ての情報については、TokenInsightよりご覧を頂きます(英語)。

この記事をシェアする:
Related Article

あわせて読みたい関連記事

COLUMNS

コラム

すべてのコラムを見る